米マクドナルドもフランスで課税逃れの疑い

フランス当局が家宅捜索

5月26日、フランスの捜査当局が18日に脱税の疑いで米ファストフード大手マクドナルドの仏本社を家宅捜索したことが分かった。パリで3月撮影(2016年 ロイター/JACKY NAEGELEN)

[パリ 26日 ロイター] - フランスの捜査当局は5月18日、脱税の疑いで米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>の仏本社を家宅捜索した。関係筋が26日、明らかにした。

仏経済誌レクスパンシオンは先月、マクドナルドがルクセンブルクとスイス経由の資金移転によりフランス国内での利益に対する課税を逃れたとして、同社に3億ユーロ(3億3600万ドル)を追徴課税したと報じている。

マクドナルドはコメントを控えた。

24日には、米グーグル<GOOGL.O>の仏本社が脱税の疑いで捜査当局による家宅捜索を受けている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
イラン核合意離脱は<br>トランプ再選のため

イランの核開発を制限する核合意から、米国が離脱した。イランたたきは中東発世界不安を招きかねず、得策ではない。背景にはトランプ大統領のごくごく内向きな理由があった。