米マクドナルドもフランスで課税逃れの疑い

フランス当局が家宅捜索

5月26日、フランスの捜査当局が18日に脱税の疑いで米ファストフード大手マクドナルドの仏本社を家宅捜索したことが分かった。パリで3月撮影(2016年 ロイター/JACKY NAEGELEN)

[パリ 26日 ロイター] - フランスの捜査当局は5月18日、脱税の疑いで米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>の仏本社を家宅捜索した。関係筋が26日、明らかにした。

仏経済誌レクスパンシオンは先月、マクドナルドがルクセンブルクとスイス経由の資金移転によりフランス国内での利益に対する課税を逃れたとして、同社に3億ユーロ(3億3600万ドル)を追徴課税したと報じている。

マクドナルドはコメントを控えた。

24日には、米グーグル<GOOGL.O>の仏本社が脱税の疑いで捜査当局による家宅捜索を受けている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT