外見を磨くのも男の仕事? 男性専用サロンが東京・赤坂に登場

3月に開業した複合商業施設「赤坂サカス」に男性専用の“身だしなみ”サロンが登場した。その名も「PDSパーソナルデザインスタジオ」。

一般的な、痩身や美肌が目的のエステではない。男性の外見を総合的に磨く「イメージコンサルティング」だという。

具体的には顔立ちや体型、職業を踏まえ、髪型や眼鏡、洋服をアドバイスする。もともとは企業研修事業を行うパーソナルデザイン(東京都港区)の唐澤理恵社長は「頭が薄くなってもお腹が出ても、見せ方を変えれば格好よくなる」と語る。同サロンでは、話し方や姿勢、接待時の食事マナーまで丁寧に指導する。

こうしたイメージコンサルティングは、外見を重視する欧米では一般的だが、高額のため日本では普及しなかった。しかし、職場や得意先に女性や外国人が増え、外見を気にする男性は増えている。そこで同サロンでは、一般ビジネスマン向けの低価格メニューを用意。顔のツボを押す顔力マッサージ(8400円)に眉毛カットを加えると、本人も驚くほど顔が引き締まる。終了後は、似合うスーツや姿勢などもアドバイスしてくれる。

女性と違い、男性は髪型や眼鏡を変えることさえ抵抗する人が多い。しかし「外見が変われば、モノの見方が広がり人生が変わる」(唐澤社長)だけに、試す価値はありそうだ。
(前田佳子 =週刊東洋経済))

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT