3代目アテンザに込めたマツダの自信と不安 1ドル77円でも利益確保

拡大
縮小

もっとも、3ナンバーセダンは、日本市場ではマイナー市場であり、今後のポイントになるのは、米欧市場、そして来期以降の中国市場での成否だ。米国の同クラス市場は数量が伸びない中で各メーカーがしのぎを削り、競争が激しい分野である。

マツダでは発売当初から値ごろ感のある価格を設定、インセンティブ(販売奨励金)を極力抑える形での販売を維持する方針だ。また、今回は、エントリークラスのグレード設定も廃止、ブランドイメージの向上とともに、販売単価の引き上げも狙う。こうした取り組みはCX-5で成果を挙げているといい、新型アテンザでの販売に自信を見せる。

反日ムードの中国に一抹の不安

一方、不安要素を抱えるのが、中国だ。中国は年間12万台とアテンザ最大の販売をもくろむ市場。従来、中国では日本以上にアテンザ(現地名Mazda6)は強いブランド力を持っており、新型車には当然大きな期待をかけている。

そんな中国で、想定外の反日不買運動が発生。マツダは今期の中国での新車販売計画を、当初の25万5000台(前期比14%増)から、17万台(同24%減)に引き下げざるを得なくなっている。現時点では、来期以降の新型アテンザの現地生産の計画も変更はないというが、不買機運の沈静化が見通せないだけに、生産・販売の計画変更を余儀なくされる可能性もある。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT