ニューヨーク市場の円は「107円前半」を維持

一時的に下げたが、終盤に持ち直す

 5月6日、ニューヨーク市場は円が107円台前半と横ばいで推移。写真はダドリーNY連銀総裁。ニューヨークで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、円相場が107円台前半と前日終盤からほぼ横ばいで推移。朝方発表された雇用統計で雇用者数の伸びが予想を下回るなか、ドルは一時的に下げ幅を拡大する場面もみられたが、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁の発言を受け値を戻した。

4月の非農業部門雇用者数は16万人増で、7カ月ぶりの低い伸びにとどまったほか、市場予想の20万2000人増を下回った。失業率は横ばいの5.0%で予想と一致。時間当たり賃金は前月比0.3%増、前年比で2.5%増加した。

こうしたなか、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁は、ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、連邦準備理事会(FRB)は依然として年内2回の利上げを行う可能性があるとの認識を示した。

コモンウエルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)の首席市場ストラテジスト、オメル・エジナー氏は「総裁発言は市場の期待よりもタカ派的だった」と指摘。先物は12月利上げの可能性を織り込む動きとなった。

ドル/円<JPY=>は0.1%高の107.12円。ドル指数<.DXY>は0.1%高の93.857。一時0.6%下落した。ユーロ/ドル<EUR=>は1.1398ドルとほぼ横ばい。

豪ドル <AUD=D4> は1.4%安の0.7366米ドル。週間では3.3%値下がりした。豪準備銀行(中銀)は6日発表した四半期金融政策報告のなかで、インフレ見通しを引き下げた。賃金や物価圧力をめぐる先行き見通しを主な不透明要因に挙げ、追加利下げに含みを持たせた。

ドル/円 
NY終値 107.10/107.15
  始値 106.96
  高値 107.22
  安値 106.45

ユーロ/ドル 
NY終値 1.1402/1.1408
  始値 1.1424
  高値 1.1476
  安値 1.1387

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT