アップル、法人向けアプリ開発でSAPと提携

IBM、シスコに続き3社目の「法人向け」提携

 5月5日、米アップルは独ソフトウエア大手SAPと提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。写真はアップルのロゴ。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は独ソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>と提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。両社が5日に発表した。

アップルは従来、法人用ソフトウエア市場からは距離を置いていたが、この2年間でIBM<IBM.N>やシスコシステムズ<CSCO.O>と相次いで提携。今回のSAPとの提携でコーポレート・コンピューティング部門を強化する。

SAPは、自社の「HANA」データベースソフトウエアを活用し、iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)向けにモバイルビジネスアプリを開発するためアップルと提携すると発表。SAPのビジネスソフトウエアは世界の大手2000社のうち87%で利用されている。

アップルは昨年9月、自社の法人向け事業は過去1年間で250億ドルを売り上げ、全体の売り上げの約14%を占めたと明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。