アップル、法人向けアプリ開発でSAPと提携

IBM、シスコに続き3社目の「法人向け」提携

 5月5日、米アップルは独ソフトウエア大手SAPと提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。写真はアップルのロゴ。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は独ソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>と提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。両社が5日に発表した。

アップルは従来、法人用ソフトウエア市場からは距離を置いていたが、この2年間でIBM<IBM.N>やシスコシステムズ<CSCO.O>と相次いで提携。今回のSAPとの提携でコーポレート・コンピューティング部門を強化する。

SAPは、自社の「HANA」データベースソフトウエアを活用し、iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)向けにモバイルビジネスアプリを開発するためアップルと提携すると発表。SAPのビジネスソフトウエアは世界の大手2000社のうち87%で利用されている。

アップルは昨年9月、自社の法人向け事業は過去1年間で250億ドルを売り上げ、全体の売り上げの約14%を占めたと明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT