アップル、法人向けアプリ開発でSAPと提携

IBM、シスコに続き3社目の「法人向け」提携

 5月5日、米アップルは独ソフトウエア大手SAPと提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。写真はアップルのロゴ。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は独ソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>と提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。両社が5日に発表した。

アップルは従来、法人用ソフトウエア市場からは距離を置いていたが、この2年間でIBM<IBM.N>やシスコシステムズ<CSCO.O>と相次いで提携。今回のSAPとの提携でコーポレート・コンピューティング部門を強化する。

SAPは、自社の「HANA」データベースソフトウエアを活用し、iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)向けにモバイルビジネスアプリを開発するためアップルと提携すると発表。SAPのビジネスソフトウエアは世界の大手2000社のうち87%で利用されている。

アップルは昨年9月、自社の法人向け事業は過去1年間で250億ドルを売り上げ、全体の売り上げの約14%を占めたと明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT