もうダマされないための経済学講義 若田部昌澄著

もうダマされないための経済学講義 若田部昌澄著

四つのキーワード、インセンティブ、トレード・オフ、トレード、マネーをべースにして、歴史の実話を交え、経済学的な考え方と経済トピックスを説明していく。

歴史を題材にしたとき、すっきりした話になるのは特にマネーだという。ほかの三つのキーワードでは完全にクリアな議論はできない場合でも、マネーでは単純明快と説く。マネーの勘所は貨幣数量説と国際通貨制度で押さえることができ、同時に物価と密接に関連していることから、物価とは何か、物価はどう決まるのか、物価の変動は経済にとってなぜ重要なのかや、デフレの解説にも踏み込む。

その分、「物価と景気とマネーの力」に紙幅が費やされている。

光文社新書 861円

  

人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。