もうダマされないための経済学講義 若田部昌澄著

もうダマされないための経済学講義 若田部昌澄著

四つのキーワード、インセンティブ、トレード・オフ、トレード、マネーをべースにして、歴史の実話を交え、経済学的な考え方と経済トピックスを説明していく。

歴史を題材にしたとき、すっきりした話になるのは特にマネーだという。ほかの三つのキーワードでは完全にクリアな議論はできない場合でも、マネーでは単純明快と説く。マネーの勘所は貨幣数量説と国際通貨制度で押さえることができ、同時に物価と密接に関連していることから、物価とは何か、物価はどう決まるのか、物価の変動は経済にとってなぜ重要なのかや、デフレの解説にも踏み込む。

その分、「物価と景気とマネーの力」に紙幅が費やされている。

光文社新書 861円

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT