外資系金融の終わり 

藤沢数希著

外資系金融の終わり 藤沢数希著

顧客との利益相反のオンパレードにもかかわらず、事が起これば、「大きすぎて潰せない」ために多額の税金が注がれる。それでも、わが物顔で世界を闊歩する金融コングロマリット(外資系金融)。この怪物にどう対処すべきなのか。

規制に縛られた「公益企業」にする一方で、金融技術を駆使して必要な資金をファイナンスしてきた、従来の役割をどこが肩代わりするのか。著者は、インターネット技術の急速な発展を活用して、このコングロマリットにリスクを集中させる未来ではなく、「暗黙の政府保証など何もない、無数のヘッジファンドや、個人経営のブティック投資銀行にリスクが分散された未来」が進むべき方向だと説得力十分に論述する。

就活学生の羨望の的になっている外資系金融の知られざる生態は、それなりに面白い。それもリーマンショックを境に大きく変化し、コングロマリットさえ安閑としていられない姿がよく描写されている。

ダイヤモンド社 1680円

  

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。