昨年の世界のワイン貿易量は2%増を記録

中国需要の3年ぶり復活が寄与

 4月18日、国際ブドウ・ワイン機構によると、2015年の世界のワイン貿易量は2%近く増加。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。2015年10月、上海のスーパーマーケットで撮影したワインコーナー(2016年 ロイター/Aly Song)

[パリ 18日 ロイター] - 国際ブドウ・ワイン機構(OIV)によると、2015年の世界のワイン貿易は、量では2%近い増加、金額では10.6%増加した。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。

中国のワイン輸入は44%と大幅に伸びた。一方、消費の伸びは3%にとどまったが、2013─14年には、政府によるぜいたく品取り締まりの影響で減少していた。

OIVはリポートで「中国の需要が2015年の貿易拡大の最大要因になった」と述べている。

昨年増加に転じた背景には、中国の中産階級に赤ワイン人気が浸透しつつあることが挙げられる。ステータスシンボルとみられていることに加え、健康に良いと考えられているという。

中国ではワイン生産も着実に増えている。ブドウ栽培の面積は2014年にフランスを抜き、昨年はスペインに次ぐ世界2位の栽培国になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT