昨年の世界のワイン貿易量は2%増を記録

中国需要の3年ぶり復活が寄与

 4月18日、国際ブドウ・ワイン機構によると、2015年の世界のワイン貿易量は2%近く増加。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。2015年10月、上海のスーパーマーケットで撮影したワインコーナー(2016年 ロイター/Aly Song)

[パリ 18日 ロイター] - 国際ブドウ・ワイン機構(OIV)によると、2015年の世界のワイン貿易は、量では2%近い増加、金額では10.6%増加した。世界第5位のワイン消費国である中国で、3年ぶりに消費が増加に転じた。

中国のワイン輸入は44%と大幅に伸びた。一方、消費の伸びは3%にとどまったが、2013─14年には、政府によるぜいたく品取り締まりの影響で減少していた。

OIVはリポートで「中国の需要が2015年の貿易拡大の最大要因になった」と述べている。

昨年増加に転じた背景には、中国の中産階級に赤ワイン人気が浸透しつつあることが挙げられる。ステータスシンボルとみられていることに加え、健康に良いと考えられているという。

中国ではワイン生産も着実に増えている。ブドウ栽培の面積は2014年にフランスを抜き、昨年はスペインに次ぐ世界2位の栽培国になった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT