コンビニ好調を喜べないセブン&アイの死角

グループ内の2極化に直面

 

セブン−イレブンが好調なのは、好採算のプライベートブランド(PB)商品「セブンプレミアム」が当たっていることが大きい。セブンプレミアムは、お手ごろな価格ながら一定以上の品質を持った製品をとりそろえており、最近は小分けにした総菜やデザートなどを中心に品ぞろえも拡充。単身者に加え、これまでスーパーで買い物をしていた女性やシニア層の取り込みが進みつつある。

前期4200億円を売り上げたセブンプレミアム商品は、今期には4900億円を超える勢いで、「セブン−イレブン・ジャパンにおける貢献度は非常に高くなっている」(セブン&アイの村田紀敏社長)。

とはいえ、期初計画からみるとコンビニの好調がスーパーの不振を補えていない状況だ。セブン&アイは15年度までにイトーヨーカ堂の正社員を半減させるというリストラ策にも踏み切る。スーパーの建て直しに向けた戦略が問われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。