ハイブリッド独走するトヨタ、EV参入の本気度

東京都内で「環境技術説明会」を開催

 トヨタにとってエコカー戦略の枢要は、当面ハイブリッドとなる。「2012年のHV世界販売台数は100万台を超える。13年度以降も毎年100万台以上の販売を見込む」と、内山田副会長は力説した。今の燃料インフラを活用しつつ、エンジン車に比べて格段に燃費を上げられるハイブリッドは、現状ではEVよりも優位。EVがその差を詰めるにはまだまだ時間を要する。

 EVで先行する日産自動車「リーフ」の11年度の販売台数は約2万3000台、三菱自動車「アイミーブ」は同約1万6000台と、トヨタのハイブリッドに比べると2ケタ少ない。トヨタの環境技術説明会場で大写しになったスライドには、「エコカーは普及してこそ環境に貢献する」というコメントが踊った。今回の環境技術説明会は、HVに対するトヨタの絶対的な自信をうかがわせた。言い換えれば、EVへの”勝利宣言”だったともいえそうだ。


■EVとHVが融合したプリウスPHV

 


■プリウスの中身も公開、テレビカメラも熱心に撮影

 


■スポーツ多目的車「RAV4」ベースのEV

 


■次世代の変速機となるスーパーCVT

 


(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT