スマホに押されるウォークマンに込めた、ソニーのブランド戦略

スマホに押されるウォークマンに込めた、ソニーのブランド戦略

ソニーは9月20日、ウォークマンの新製品11機種を発表した。OSに「アンドロイド4.0」を搭載した「Fシリーズ」では、Wi−Fiに接続することで端末から楽曲を直接購入することが可能。さまざまなアプリが楽しめることに加え、ソニー独自の高音質技術を採用したことでウォークマン史上、最高クラスの高音質を実現している。

国内の携帯音楽プレーヤー市場に目を向けると、縮小均衡が続いている。スマートフォンで音楽を聴く人が増えており、逆風は強まる一方だ。2011年度は年間販売台数560万台と600万台を割り込み、12年度は450万台程度が見込まれている。

「今後も、携帯音楽プレーヤーの市場縮小は続く」(ソニーのホームエンタテインメント&サウンド事業本部、高木一郎副本部長)。厳しい見通しでも、ソニーが10代の若者をターゲットに据えてウォークマンを強化する背景には、ブランド戦略がある。「10代の人達に“マイファーストソニー”としてウォークマンに接してもらい、高音質な世界観を定着させて将来的なユーザーになってもらう」(高木氏)。

目下、ソニーの戦略は狙いどおりに進んでおり、「日本でのウォークマンのシェアは18カ月連続でシェア1位」(ソニーマーケティングのモバイルエンタテインメントプロダクツマーケティング部、徳田耕一氏)。「ミュージックプレーヤーといえば、どのブランドを思いつきますか?」というブランド調査でも、2010年に33%だったシェアは11年に43%まで上昇。アップルは56%(10年)から42%(11年)に落としている。

マーケティング戦略では、昨年に続き今年も歌手の西野カナ(上写真の右側)を起用した広告宣伝で10代にターゲットを絞り込む。若者こそスマホで音楽を聴きそうだが、バッテリー容量を気にして2台持ちするユーザーは多いという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。