スマホに押されるウォークマンに込めた、ソニーのブランド戦略

スマホに押されるウォークマンに込めた、ソニーのブランド戦略

ソニーは9月20日、ウォークマンの新製品11機種を発表した。OSに「アンドロイド4.0」を搭載した「Fシリーズ」では、Wi−Fiに接続することで端末から楽曲を直接購入することが可能。さまざまなアプリが楽しめることに加え、ソニー独自の高音質技術を採用したことでウォークマン史上、最高クラスの高音質を実現している。

国内の携帯音楽プレーヤー市場に目を向けると、縮小均衡が続いている。スマートフォンで音楽を聴く人が増えており、逆風は強まる一方だ。2011年度は年間販売台数560万台と600万台を割り込み、12年度は450万台程度が見込まれている。

「今後も、携帯音楽プレーヤーの市場縮小は続く」(ソニーのホームエンタテインメント&サウンド事業本部、高木一郎副本部長)。厳しい見通しでも、ソニーが10代の若者をターゲットに据えてウォークマンを強化する背景には、ブランド戦略がある。「10代の人達に“マイファーストソニー”としてウォークマンに接してもらい、高音質な世界観を定着させて将来的なユーザーになってもらう」(高木氏)。

目下、ソニーの戦略は狙いどおりに進んでおり、「日本でのウォークマンのシェアは18カ月連続でシェア1位」(ソニーマーケティングのモバイルエンタテインメントプロダクツマーケティング部、徳田耕一氏)。「ミュージックプレーヤーといえば、どのブランドを思いつきますか?」というブランド調査でも、2010年に33%だったシェアは11年に43%まで上昇。アップルは56%(10年)から42%(11年)に落としている。

マーケティング戦略では、昨年に続き今年も歌手の西野カナ(上写真の右側)を起用した広告宣伝で10代にターゲットを絞り込む。若者こそスマホで音楽を聴きそうだが、バッテリー容量を気にして2台持ちするユーザーは多いという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。