衝突を自動回避する小型車、VWが日本向け「up!」投入

価格面では2ドアの標準グレード「move up!(ムーブアップ!)」が149万円、4ドアの「move up!(ムーブアップ!)」が168万円、上級モデルの4ドア「high up!(ハイ・アップ)」が183万円という計2グレード3タイプを用意した。

また、「up!」には新型となる1000ccエンジンを搭載。国の新しい燃費基準JC08モードで23.1キロメートル/リットルの燃費性能を実現し、エコカー減税(75%減税)の対象車となった。VWとしては過去最高の燃費となる。

安全機能で国産車と差別化を図り、燃費性能の向上を図った新型車「up!」。翌年には主力車種「GOLF(ゴルフ)」の新モデルの国内投入を控える。VWがグループ全体で2018年に1000万台と大台の目標を掲げるなか、VWJとしては18年に11万台の販売を目指している(11年は5万0631台を販売)。これまでにない新しいカテゴリを開拓する「up!」は、その重要な役割を担うことになる。

(又吉 龍吾、撮影:梅谷 秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT