反骨心 清原和博著

反骨心 清原和博著

昨年引退した元プロ野球選手の著者が、自らの野球哲学と男の生き様を熱く語る。

高校時代はPL学園の主砲として5回の甲子園出場を果たし、史上最多の13本塁打を記録。西武ライオンズに入ってからは、8度のリーグ優勝に、6度の日本一に輝くなど、名実ともに日本を代表する野球選手となった。

しかし、著者は自らの野球人生は挫折の連続だったと告白する。ドラフトで巨人に指名されなかったショック。その憧れの巨人に移籍するも解雇されたときの屈辱。度重なるケガによる不振とマスコミのバッシング。そうした挫折を乗り越えられたのは、持ち前の「反骨心」だったという。

また盟友・桑田真澄との友情秘話も披露している。

角川ONEテーマ新書/740円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。