反骨心 清原和博著

反骨心 清原和博著

昨年引退した元プロ野球選手の著者が、自らの野球哲学と男の生き様を熱く語る。

高校時代はPL学園の主砲として5回の甲子園出場を果たし、史上最多の13本塁打を記録。西武ライオンズに入ってからは、8度のリーグ優勝に、6度の日本一に輝くなど、名実ともに日本を代表する野球選手となった。

しかし、著者は自らの野球人生は挫折の連続だったと告白する。ドラフトで巨人に指名されなかったショック。その憧れの巨人に移籍するも解雇されたときの屈辱。度重なるケガによる不振とマスコミのバッシング。そうした挫折を乗り越えられたのは、持ち前の「反骨心」だったという。

また盟友・桑田真澄との友情秘話も披露している。

角川ONEテーマ新書/740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。