反骨心 清原和博著

反骨心 清原和博著

昨年引退した元プロ野球選手の著者が、自らの野球哲学と男の生き様を熱く語る。

高校時代はPL学園の主砲として5回の甲子園出場を果たし、史上最多の13本塁打を記録。西武ライオンズに入ってからは、8度のリーグ優勝に、6度の日本一に輝くなど、名実ともに日本を代表する野球選手となった。

しかし、著者は自らの野球人生は挫折の連続だったと告白する。ドラフトで巨人に指名されなかったショック。その憧れの巨人に移籍するも解雇されたときの屈辱。度重なるケガによる不振とマスコミのバッシング。そうした挫折を乗り越えられたのは、持ち前の「反骨心」だったという。

また盟友・桑田真澄との友情秘話も披露している。

角川ONEテーマ新書/740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。