コンビニのおでん商戦本格化、販売ピークは季節の変わり目


 気温が上がらず、飲料やアイスクリームが売れない--。今年はコンビニ業界にとっても寒い夏となった。この中で、好調な売れ行きを見せるのがおでん。コンビニ各社は9月上旬から70円均一セールなどを打ち出して、秋商戦へと走り出した。

おでんはコンビニにとって、フライドチキンなどと並ぶ、秋冬の主力ファストフード。地域色の強いメニューだけに、各チェーンは関東風や関西風などつゆや具材を変えて工夫を凝らす。地区ごとに新商材を発掘するなど、毎年改良を重ねている。

今年の秋冬、ローソンは新商品で勝負する。中でも、おでんつゆをかけて食べる「うどん」は変わり種。ありそうでなかった組み合わせに、評判も上々という。一方、セブン−イレブンはさつま揚げを20%増量するなどお得感を演出。ファミリーマートは全国7地区につゆを分け、東北地区では秋田の「しょっつる」を使うなどより地域色を強めている。

毎年、コンビニでは8月後半からおでん販売を開始する。残暑の折から売る理由は、気温が低下すると温かい食べ物を求める客が増えるため。実際、販売のピークも9月後半から10月の季節の変わり目に訪れる。夏場の苦戦を脱し、秋本番を迎えるために各社のおでん競争がますます過熱しそうだ。

(田邉佳介 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。