コンビニのおでん商戦本格化、販売ピークは季節の変わり目


 気温が上がらず、飲料やアイスクリームが売れない--。今年はコンビニ業界にとっても寒い夏となった。この中で、好調な売れ行きを見せるのがおでん。コンビニ各社は9月上旬から70円均一セールなどを打ち出して、秋商戦へと走り出した。

おでんはコンビニにとって、フライドチキンなどと並ぶ、秋冬の主力ファストフード。地域色の強いメニューだけに、各チェーンは関東風や関西風などつゆや具材を変えて工夫を凝らす。地区ごとに新商材を発掘するなど、毎年改良を重ねている。

今年の秋冬、ローソンは新商品で勝負する。中でも、おでんつゆをかけて食べる「うどん」は変わり種。ありそうでなかった組み合わせに、評判も上々という。一方、セブン−イレブンはさつま揚げを20%増量するなどお得感を演出。ファミリーマートは全国7地区につゆを分け、東北地区では秋田の「しょっつる」を使うなどより地域色を強めている。

毎年、コンビニでは8月後半からおでん販売を開始する。残暑の折から売る理由は、気温が低下すると温かい食べ物を求める客が増えるため。実際、販売のピークも9月後半から10月の季節の変わり目に訪れる。夏場の苦戦を脱し、秋本番を迎えるために各社のおでん競争がますます過熱しそうだ。

(田邉佳介 =週刊東洋経済)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT