宮崎あおいの二面戦略「一眼デジカメオリンパス・ペン」《それゆけ!カナモリさん》

■宮崎あおいがつかむ二つのターゲット

 宮崎あおいは4歳の子役からのデビューであるが、2005年、社会現象を引き起こした大ヒット映画「NANA -ナナ-」の主演で一気に注目を集めた。06年、NHK連続テレビ小説「純情きらり」のヒロイン役で家庭にも広く顔が知れ渡り、翌07年には、大河ドラマ「篤姫」主演によって、誰もが彼女を知ることとなる。

 そんな彼女のファン層は、幅広いことが特徴だ。

 テレビ小説、大河ドラマでの高い認知で中高年にも好感度を得ており、その一部は往年のオリンパス・ペンファンともかぶる。

 家庭によく知られた顔で、実は写真の腕もなかなか。そんな彼女の推奨するデジタルになった「ペンE-P1」をもう一度手にしてみませんか、というメッセージが伝わってくる。

 一方、女性の支持も高い。女性向けマンガが原作の『NANA』(集英社)の主演だけでなく、「篤姫」の役どころは多くの女性の共感を得た。女性をターゲットとした時、「ペン」のスペックもピッタリとマッチする。「ペン E-P1」はレンズ交換型デジタルカメラとしては世界最小・最軽量である。しかも、初心者にも使いやすい直感的な操作を実現しているのだ。デジタル一眼入門機としては昨秋に発売されたパナソニックの「ルミックス G1」シリーズが先行しているが、そのサイズよりさらに小さく軽い。また、ボディーカラーのホワイト、シルバーは明らかに女性向けであると考えられる。

 通常、女性と中高年を中心とした男性という、相反する二つの層を狙ったターゲティングはあまり例がない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT