物語論で読む村上春樹と宮崎駿 大塚英志著

物語論で読む村上春樹と宮崎駿 大塚英志著

まんがやアニメーションがジャパニメーションと呼ばれ、その世界化が喧伝されている。それは何かしら「日本的なもの」が世界に届いたからではなく、文学やアニメーションの形式がグローバルスタンダードに近づいた、すなわち物語構造が鮮明になった結果と、まんが原作者で評論家でもある著者は指摘する。

柄谷行人の批評をもとに1920年代のロシア・フォルマリズムによって発見された物語の構造論に照らして、村上春樹を事例に日本文学が80年代に「構造しかない文学」にいかに変容していったのか、さらに村上作品と宮崎駿作品の物語構造を検証し、「構造しかない物語」の中で二人が何を語ろうとしたのかを論じている。

角川oneテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT