トヨタ、世界で計33万台超を追加リコール 

タカタ製エアバッグ問題で

 3月2日、トヨタ自動車はタカタ製エアバッグ問題に絡み、世界で33万1200台を追加リコールする。写真はトヨタのロゴ。ジャカルタで2月24日撮影。(2016年 ロイター/Beawiharta Beawiharta)

[デトロイト 2日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T><TM.N>は2日、タカタ<7312.T>製エアバッグの欠陥問題に関連し、世界で33万1200台を追加リコール(無償回収・修理)すると発表した。

今回の追加リコールの対象となる車両全てにタカタ製の助手席用エアバッグが搭載されている。

米国でのリコール台数は19万8000台。2008年モデルの「カローラ」、「カローラ・マトリックス」、2008─10年モデルの「レクサスSC430」が含まれる。北米全体での追加分は計23万1000台。

日本では2007年5月から2010年7月に生産された「アベンシス」や「レクサスSC430」など計3000台をリコールする。

欧州でも8万6000台リコールする。

今回の追加リコールによって、タカタ製エアバッグを搭載したトヨタ車の世界リコール台数は1531万4000台に達する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT