中国海軍が初の「自走式浮きドック」を導入

海岸から離れた場所でも修理が可能に

 3月1日、中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は、中国海軍として初の自走式浮きドック「the Huachuan No. 1」が任務に就いたと報じた。写真は中国籍の戦艦。紅海スーダン港にて昨年8月撮影(2016年 ロイター)

[北京 1日 ロイター] - 中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は1日、中国海軍として初の自走式浮きドック「the Huachuan No. 1」が任務に就いたと報じた。海岸から離れた場所でも軍艦を修理することができるようになり、中国海軍の近代化が一段と進む。

この浮きドックは、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦などの修理に用いられるが、空母は対象外という。同紙は、自走式浮きドックの導入により軍艦は軽微な損傷なら任務を続けることができ、損傷が深刻な場合でも造船所まで戻る必要がなくなるとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT