中国海軍が初の「自走式浮きドック」を導入

海岸から離れた場所でも修理が可能に

 3月1日、中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は、中国海軍として初の自走式浮きドック「the Huachuan No. 1」が任務に就いたと報じた。写真は中国籍の戦艦。紅海スーダン港にて昨年8月撮影(2016年 ロイター)

[北京 1日 ロイター] - 中国人民解放軍の機関紙「解放軍報」は1日、中国海軍として初の自走式浮きドック「the Huachuan No. 1」が任務に就いたと報じた。海岸から離れた場所でも軍艦を修理することができるようになり、中国海軍の近代化が一段と進む。

この浮きドックは、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦などの修理に用いられるが、空母は対象外という。同紙は、自走式浮きドックの導入により軍艦は軽微な損傷なら任務を続けることができ、損傷が深刻な場合でも造船所まで戻る必要がなくなるとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT