極北クレイマー 海堂尊著

極北クレイマー 海堂尊著

舞台は市政の失敗から財政赤字で寂つく極北市の市民病院。身勝手さで好勝負の市長と院長、気まじめとダメが入り混じる医者と看護師たち、そしてわがまま患者とくれば物語は半分成功したようなものだろう。

そこに謎のハケン女医と医療事故事件化を企む謎の女性ジャーナリストが現れてと、話はてんやわんやの転回の中、破局または大団円へともつれ込む。下手すれば欲張りすぎのおそれがあるところだが、大きな破綻も小さな瑕疵(かし)もまるで気になることもなく、説明不足は余韻とも取れるところはさすがというべきか。

登場人物がそろって個性的で、戯画化された人物像が笑いを呼ぶとともに医療の現場の問題点を鮮明化するのにも一役買う。誇張した描写の中から医療の荒廃とその原因を考えたりもさせられる第一級エンターテインメント小説だ。医療行政批判も鋭く、何より医療評価機構が本物そっくりに登場して重要な役割を演ずるのは見ものである。(純)

朝日新聞出版 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。