ドキュメント アメリカの金権政治 軽部謙介著

ドキュメント アメリカの金権政治 軽部謙介著

「『アメリカの民主主義を見習え』。こんなセリフを平然と吐く米国の政治で何が起こっているのか」。この問題意識を持つ通信社特派員が垣間見た金権政治の現実を紹介する。

連邦政府から地方自治体まで、アメリカでは議会の裁量に委ねられる補助金が多い。同時に政治的保護も狙って企業や各種の団体がカネをばらまく。破綻金融機関の巨額献金、先住民が権利を持つカジノをめぐる汚職、税金の無駄遣いなど、カネに蝕まれた民主主義の姿が記される。

民間と政界双方から是正を求める声が上がり、オバマ大統領も「ロビイスト締め出し」を打ち出した。「金権選挙」を勝ち抜いたオバマが、その矛盾を「どう克服するのか」、著者は注目している。

岩波新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。