西村 明夫(にしむら あきお) Akio Nishimura
RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)代表

埼玉大学教養学部国際関係論課程卒、法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。神奈川県、医療関係団体、認定NPO法人「多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)」との協働で、医療通訳派遣システムを構築(2002年)。一般財団法人自治体国際化協会の医療通訳ボランティア研修プログラムの開発に従事。移民政策学会理事。著作に『外国人診療ガイド』(メジカルビュー社)、『医療通訳士という仕事』第1部「医療通訳士に求められる共通基準」(大阪大学出版会)があるほか、『医療通訳学習テキスト』(創英社/三省堂書店)では共同執筆・編集責任を務めた。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。