西村 明夫(にしむら あきお) Akio Nishimura
RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)代表

埼玉大学教養学部国際関係論課程卒、法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。神奈川県、医療関係団体、認定NPO法人「多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)」との協働で、医療通訳派遣システムを構築(2002年)。一般財団法人自治体国際化協会の医療通訳ボランティア研修プログラムの開発に従事。移民政策学会理事。著作に『外国人診療ガイド』(メジカルビュー社)、『医療通訳士という仕事』第1部「医療通訳士に求められる共通基準」(大阪大学出版会)があるほか、『医療通訳学習テキスト』(創英社/三省堂書店)では共同執筆・編集責任を務めた。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。