西村 明夫(にしむら あきお) Akio Nishimura
RASCコミュニティ通訳支援センター(Cots)代表

埼玉大学教養学部国際関係論課程卒、法政大学大学院政策科学研究科修士課程修了。神奈川県、医療関係団体、認定NPO法人「多言語社会リソースかながわ(MICかながわ)」との協働で、医療通訳派遣システムを構築(2002年)。一般財団法人自治体国際化協会の医療通訳ボランティア研修プログラムの開発に従事。移民政策学会理事。著作に『外国人診療ガイド』(メジカルビュー社)、『医療通訳士という仕事』第1部「医療通訳士に求められる共通基準」(大阪大学出版会)があるほか、『医療通訳学習テキスト』(創英社/三省堂書店)では共同執筆・編集責任を務めた。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。