柳田 将洋(やなぎだ まさひろ) Masahiro Yanagida
プロバレーボール選手

1992年東京都生まれ。バレーボール選手。両親の影響でバレーボールを始める。2010年、東洋高等学校在学中に、第41回全国高等学校バレーボール選抜優勝大会に主将として出場して優勝を果たし、2011年、慶應義塾大学環境情報学部に進学、2013年、全日本メンバーに登録。大学卒業後はVプレミアリーグ・サントリーサンバーズに入団。その後、ドイツ、ポーランドのチームを経て、2020年、サントリーサンバーズに復帰。2020-21 V.LEAGUE DIVISION1では、同チームの14シーズンぶり8度目の優勝に貢献し、自身もベスト6を受賞した。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT