早川 史哉(はやかわ ふみや) Fumiya Hayakawa
プロサッカー選手

1994年1月12日、新潟市生まれ。アルビレックス新潟のアカデミー組織の出身。2011年のFIFA U-17ワールドカップで3得点を挙げる活躍をみせた。2012年に筑波大学に進学して蹴球部に入部。2016年シーズンにアルビレックス新潟へ加入。2016年2月27日のJ1開幕節・湘南戦に先発フル出場デビュー。しかし、同年4月24日の名古屋戦後にリンパ節の腫れを訴え、病院で検査を受けた結果、急性白血病と診断される。2017年から治療に専念するため選手契約をいったん凍結。同年7月に病院を退院すると復帰に向けたリハビリを開始。2018年11月12日に契約凍結が解除されて、2019年10月5日には、鹿児島戦にフル出場。1287日ぶりに公式戦のピッチでプレーした。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT