佐藤 喜宣(さとう よしのぶ) Yoshinobu Sato
杏林大学医学部名誉教授、日本歯科大学、広島大学医学部客員教授

1949年、東京都生まれ。日本大学医学部、同大学院卒業。イタリア政府留学生として、ローマ大学法医学研究所に留学。帰国後、琉球大学医学部法医学教室助教授を経て、東京都監察医務院医長監察医、杏林大学医学部法医学教室主任教授となり、阪神・淡路大震災、東日本大震災での検死等、1万体以上の検案、5千体以上の法医解剖を担当。子ども虐待、ドメスティックバイオレンスの防止にも積極的に取り組み、東京都と千葉県の児童相談所セカンドオピニオンも務めている。警察大学校の法医専科(検視官講習)の講師も25年間に渡って担当し、定年後は警視庁科学捜査班や特命捜査班に協力している。
 

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT