26年前の未解決殺人「司法解剖」から迫る犯人像

残された人への「メッセージ」を聞くのが法医学

漫画『監察医 朝顔』の監修者でもある佐藤喜宣氏の著書から、未解決事件「井の頭公園バラバラ殺人事件」を振り返ります(画像:©香川まさひと、木村直巳、佐藤喜宣/実業之日本社)
昭和、平成、令和にわたって40年以上、監察医・法医学者として1万体以上の検死、5千体以上の解剖を担当してきた杏林大学医学部名誉教授・佐藤喜宣氏は、ドラマ化もされた漫画『監察医 朝顔』の監修者でもある。
佐藤氏の著書『生きるための法医学 私へ届いた死者からの聲(こえ)』には、世間を震撼させた重大事件をはじめ、阪神・淡路大震災、東日本大震災、新型コロナ感染症、子ども虐待等、生死をみつめてきた法医学者だからこそ知り得た実体験エピソードが数多く収録されている。
本稿ではその中から昭和に起こった未解決事件「井の頭公園バラバラ殺人事件」を振り返る。

26年前の未解決事件

世間を震撼させた井の頭公園バラバラ殺人事件は、1994年4月23日に発覚しました。

被害者が付近に住んでいた男性(当時35歳)だったことは判明しているのですが、犯人も犯行動機も不明の未解決事件となっています。

特筆すべきは、死因特定につながる人体部分は、何ひとつ見つからなかったことです。

解剖によって死因を特定するためには、頭部と内臓を丹念に調べていく必要があります。被害者男性の手と足は発見されたのですが、ご遺体は損壊されていたため、首から上と体の中身は発見されませんでした。

しかも身元を特定するために必要となる指紋は、ハサミで切り取られ、見つかった身体部分は血抜きされた状態で、すべて22㎝という均等な長さに切りそろえられていたのです。

次ページ「22㎝」の理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT