美人局で脅迫されたら警察は動いてくれるのか

会社や家族に知られたらと恐れる必要はない

男女関係以外にも、「営業マンの態度が気にくわない」「購入した商品が不良品だ」といった難癖、「あなたがアダルトサイトを見ているのをつかんでいる」といった無体な言いがかりなど、犯人グループからの最初のアプローチは多種多様。企業間取引において、一方の企業が犯人グループを使い、相手先企業を倒産に追い込んだケースまで出てきている。

法的根拠と証拠があれば警察は動く

そういった犯人グループは、いわゆる半グレの集団である。半グレとは、暴力団に所属しない、新興の組織的犯罪集団。多くは暴走族のOBで、仲間意識で集団化してきた20代から40代が中心だ。一般人と暴力団員の中間的な存在と捉えられてきた。多数の犯罪を起こしているにもかかわらず、「実態が分かりにくい」という理由で、野放し状態になっているのが実情。

『新装改訂版 警察は本当に「動いてくれない」のか』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

しかし、最近では暴力行為が凶悪化し、警察庁では準暴力集団と位置付けているとも聞く。法的根拠があり、さらに証拠を示せば、警察は確実に捜査してくれるはずだ。

半グレは、密かに勢力を拡大しているため、誰もがいつ半グレの被害に巻き込まれるかわからない。とくに、SNSに個人情報を書き込みすぎるのは危ない。「どこに行った」「何を食べた」などと無防備に書き込むのは、半グレ等の犯罪集団に「私を狙ってください」と伝えているようなもの。ましてや、軽く知り合って素性の知れない相手に、自分の大事な情報を伝えのは言語道断といえよう。

冒頭で紹介したTさんは私のところに飛び込んできた翌日、警察の刑事課へ行った。恐喝未遂事件として、被害届が受理され、後日、「おかげさまで、すべて事なきを得ました」と晴れ晴れした表情で報告に来た。私はTさんに、「それはよかった」と言うと同時に、「そもそもTさんが無責任な行動をしたことがいけない。今後くれぐれも襟を正して暮らしてくださいよ」とこんこんと説教した。

(構成:井上 理津子/フリーライター)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT