1位はどこ?全国「不審者出没」駅ランキング

埼玉県の件数が多いのには理由がある

2017年3月~10月、全国の不審者事案の約4割は駅周辺で発生していた(写真:y_seki / PIXTA)

2017年3月から10月末までに全国で発生した不審者事案のうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があったケースは全体の約4割で、多発する駅では期間内に最大で9件の不審者情報があったことが、筆者が代表を務める「日本不審者情報センター」の分析からわかった。

センターでは、全国の警察や自治体が公表する不審者情報を独自に編集・配信し、データベース化している。今年3月から10月末までの7カ月間に配信した不審者情報は計1万1607件。このうち、出没エリアの近隣に鉄道の駅があるケースは4487件だった。最多となる9件の事案があった駅は全国に25駅あった。

「下半身露出」最多は志木と梅島

対象となった事案は、声かけ、つきまとい、痴漢、露出、暴行、盗撮、のぞき、危険物所持、下着盗、路上強盗など。車上狙いや空き巣といった「人をターゲットにしていない事案」は対象外だ。

この中で、「下半身露出」の不審者情報がもっとも多かったのは東武東上線の志木駅(埼玉県新座市)周辺と、東武スカイツリーラインの梅島駅(東京都足立区)周辺だった。志木駅周辺については期間内に全国最多タイとなる計9件の不審者情報を配信しており、このうち男性による下半身露出も全国最多タイの6件だった。8月と10月には、下半身を出して女性につきまとったり、追いかけたりする悪質な事案も起きている。

志木駅周辺で発生した各事案の概要は次のようなものだ。場所は南口側(南西側)が中心で、8月11日に発生した卑わいな行為の事案のみ東口側(北東側)で起きている(カッコ内は発生日)。6月以降、下半身露出者がほぼ毎月出没したことがわかる。

・下半身を出しているのが目撃された(6/21)
・下半身を出しているのを女性が目撃した(7/7)
・下半身を出し、女性につきまとった(8/7)
・女子生徒にカメラを向けた(8/10)
・女性に下半身を見せた(8/11)
・下半身を出し、卑わいなことをしているのが目撃された(8/11)
・ベランダに干してあった女性用下着が盗まれた(8/27)
・女性に暴行を加えた(9/7)
・下半身を出し、女性を追いかけた(10/23)
次ページ不審者事案のすべてが「下半身露出」の場所も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
空調機器で断トツ狙う<br>ダイキンの世界制覇戦略

空調世界トップのダイキン工業がインドで躍進。2010年に空調で世界一になり、業績も右肩上がり。日本の電機メーカーが海外で勝てなくなって久しい。なぜダイキンは勝てるのか?