399ドルのiPhoneSE、原価はたった160ドル

過去3世代の「いいとこ取り」でコスト圧縮

iPhone 6s(左)とiPhone SE(右)

米大手調査会社IHSは4日、アップルの「iPhone SE」で最も容量が小さい16ギガバイト(GB)機種の製造原価が160ドルとみられると発表した。そこで驚かされるのが、原価率の低さ(=アップルの利益率の高さ)だ。

過去3世代(iPhone 5s、6、6s)の部品を活用してコストを従来よりもかなり抑制したとみられ、昨年発売の6sに比べて原価は50ドル強も下がっているのだ。当然、iPhone SEがヒットすればアップルの収益に大きなプラス影響をもたらす可能性がある。

iPhoneSEは、過去3世代が融合している

IHSの英文資料によると、16GB機種の部品代合計は156.20ドルで、組み立て費を加えると160.00ドルとなる。米国での販売価格は399ドル。現在の円ドルレート(1ドル=111円)で単純換算すると約4万4300円程度のはずだが、日本では割高。1ドル132ドル換算の価格5万2800円(税別)となっている。つまり日本で売れれば、もっと利益率が高いということだ。

調査では、発売当日の3月31日にアップルストアで購入した市販品を分解したという。外形や画面解像度は2013年発売の「5s」と酷似しており、無線通信用のRF部品には「6」と同じ米クアルコム製「MDM9625」を搭載していた。CPUやメインカメラの性能は「6s」と同等だ。

IHSでコスト評価を担当するシニアディレクター、アンドリュー・ラスウェイラー氏はSEについて「5s、6、6sという3世代を融合して、新たな製品になった」とコメント。「物理的な外観は5sによく似てはいるが、製品としては格段に進化した。6sに比べて目立つのはサイズが小さくなり、画面の解像度が低くなったことくらい」と評している。

次ページ表示画面のコストは5sの半分弱
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT