アップバンクの蹉跌、荒稼ぎに元役員不正も

「第2のgumi」か、お粗末なIPOになる可能性

アップバンクが配信する「モンスト攻略」。大変な人気を集めた

しかし業績への打撃は別にしても、コンプライアンス(法令順守)の問題は深刻だ。会社側は元役員による横領について、設立初年度の2012年から2015年まで続き、金額は1.4億円に上るとしている。情報流出の件でも、「警察の協力を仰ぐ」「結果が出れば開示する」(同)と、歯切れが悪い。

上場直後の不始末という点で、アップバンクは、かつての“gumiショック”と重なる。2014年12月に上場したゲーム開発会社のgumiは、営業利益予想を2カ月半で黒字から赤字に下方修正し、株式市場から不興を買った。

ゲーム業界のアナリストは「業績予想が外れるのは仕方ないが、コンプライアンスの問題は譲ってはいけない」と構図自体が違うとみる。当初アップバンクはゲームやアプリを楽しく遊ぶための情報提供から出発した。上場を目指す過程で、収益化を焦り、油断が生じなかったか。さらには、不十分な管理体制で上場させた主幹事の野村証券、監査法人のトーマツ、認可した東京証券取引所も、今後責任を問われかねない。

アップバンクはどのような道をたどるか。1月下旬に発表される社内調査委員会の報告書が命運を握る。

「週刊東洋経済」2016年1月16日号<12日発売>「核心リポート01」を転載)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
金正恩 経済再建の野望

米朝首脳会談を実現した北朝鮮。経済再建にも取り組み、中国、韓国との関係改善を進めるが、前途多難。非核化が進まないかぎり、経済制裁は解除されない。非核化の本気度は?