パズドラ・モンストの「2強時代」は終わった

新しいゲームが続々と台頭

8月の人気ランキングは?(写真:xiangtao / PIXTA)

月に1度のAppAnnieのスマホアプリランキング速報をお届けする。今回は9月24日夜に同社が発表した8月分のランキングだ。第10位までのダウンロードランキング、売り上げ金額ランキングを、中軸カテゴリであるゲームアプリ(iOSとGoogle Playの合計)について見ていきたい。

なお、同社は米国を中心に世界の主要国の動向を調査しているが、今回掲載するランキングの対象になっている地域は「日本国内」である。

まずはダウンロードランキングから見ていく。並みいる競合を抑えてトップに輝いたのは「奇跡のスプーン」。落ちてくる球をスプーンでキャッチする単純なゲームで、うまくキャッチできたら次のステージに進むことができる。

トップ10には、とにかく新顔が多いのが特徴。日本のベンチャー企業系の作品が目立っている。一方、2大横綱であるガンホーの「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」とミクシィの「モンスターストライク(モンスト)」は、すでにダウンロード数では上位ではなくなっている。

アイテム課金などが多いタイトルを順番に並べた売り上げランキングでは、1位、2位は不動だ。注目すべきは、ロールプレイングゲーム「Fate/Grand Order」が6位に躍進したこと。同ゲームの運営開始は7月30日(Android版)、8月12日(iOS版)。まだ日が浅いことを考えると、驚異的な躍進を遂げたといえる。売り上げランキング2強の座を脅かす存在になるかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。