コエンザイムQ10は「疲れやすい」「しんどい」に本当に効く?カネカが愛媛大学などと瀬戸内の離島で共同研究に着手

コエンザイムQ10は「疲れやすい」「しんどい」に本当に効く?カネカが愛媛大学などと瀬戸内の離島で共同研究に着手

人間のすべての細胞には、生命活動に必要な物質として補酵素が存在する。「コエンザイムQ10」がそれだ。体内でつくられ普段の食事からも摂取できるが、体内に存在する量は20代をピークに減少する。

そのコエンザイムQ10をサプリメントなどで展開するメーカーの1社であるカネカは、8月6日、直接体内で働く「還元型」と呼ばれるコエンザイムQ10を継続的に摂取した場合に、健康の維持・増進にどのような効果があるのかを調べる研究を、愛媛大学や特定非営利活動法人(NPO)・しまの大学などと共同で開始すると発表した。

愛媛県と広島県の県境である瀬戸内海に浮かぶ離島のみからなる、愛媛県上島町の住民を対象に、今年8~11月の16週間(約4カ月)に渡って実施する調査で、40~80歳の町民約40人にカネカの還元型コエンザイムQ10を継続摂取してもらう。

カネカや愛媛大学などは、今回の調査開始時点と終了時点で、調査対象の町民の血中還元型コエンザイムQ10濃度やQOL(身体の活力)などの項目を比べて、還元型コエンザイムQ10の有効性を観察・検査する。カネカはこれを今後のビジネス展開にもつなげていきたい考えだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。