コエンザイムQ10は「疲れやすい」「しんどい」に本当に効く?カネカが愛媛大学などと瀬戸内の離島で共同研究に着手

コエンザイムQ10は「疲れやすい」「しんどい」に本当に効く?カネカが愛媛大学などと瀬戸内の離島で共同研究に着手

人間のすべての細胞には、生命活動に必要な物質として補酵素が存在する。「コエンザイムQ10」がそれだ。体内でつくられ普段の食事からも摂取できるが、体内に存在する量は20代をピークに減少する。

そのコエンザイムQ10をサプリメントなどで展開するメーカーの1社であるカネカは、8月6日、直接体内で働く「還元型」と呼ばれるコエンザイムQ10を継続的に摂取した場合に、健康の維持・増進にどのような効果があるのかを調べる研究を、愛媛大学や特定非営利活動法人(NPO)・しまの大学などと共同で開始すると発表した。

愛媛県と広島県の県境である瀬戸内海に浮かぶ離島のみからなる、愛媛県上島町の住民を対象に、今年8~11月の16週間(約4カ月)に渡って実施する調査で、40~80歳の町民約40人にカネカの還元型コエンザイムQ10を継続摂取してもらう。

カネカや愛媛大学などは、今回の調査開始時点と終了時点で、調査対象の町民の血中還元型コエンザイムQ10濃度やQOL(身体の活力)などの項目を比べて、還元型コエンザイムQ10の有効性を観察・検査する。カネカはこれを今後のビジネス展開にもつなげていきたい考えだ。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT