一休を買うヤフー、1000億円は高いか安いか

久々の巨額買収だが、競争環境は甘くない

しかし、約1000億円という、巨額の投資に見合う成果が得られるかは未知数だ。確かに、一休はリクルートグループの「じゃらん」や楽天の「楽天トラベル」など競合がひしめく中、独自の存在感を発揮している。1998年の創業以来、高級路線に特化して開拓を進めることで、先行者利益を享受してきた。

それでも、2015年3月期の営業利益は22億円程度。一方のヤフーは1972億円だ。一休が業績インパクトをもたらすのは容易でない。

早期にシナジーを出せるのか?

先行きも決して楽観できない。一休の主力である宿泊予約は、得意とする高級ホテル・旅館の新規開拓先が限られている。需要が本格化したばかりの飲食のネット予約は2014年の市場規模が前年比88.6%増の1764億円(経済産業省調べ)と急成長中。だが、カカクコムの「食べログ」やぐるなびなど、ライバルもサービス拡充を進め、競争は厳しくなるばかりだ。

今後のカギは、両社が単純な補完関係を超え、相乗効果をどこまで拡大できるかである。ヤフーはポータルサイトやアプリのユーザーを一休に送客すると同時に、ビッグデータを活用した見込み客の抽出も進める。具体的施策はこれから練り上げるが、宮坂社長は「相乗効果は早い段階で出せる」と自信を見せる。

スマホアプリの利用が進み、ECなどさまざまなサービス競争が激化する中で、成長率が鈍化していたヤフー。過去最大の大型買収を再加速の起爆剤にできるか。                  

                        (撮影:尾形文繁)

「週刊東洋経済」2015年12月26日-1月2日号<12月21日発売>核心リポート06を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT