90秒でオイル交換が終わる新システムの秘密

アストンマーティンに初搭載

アストンマーティンの「ヴァルカン」に搭載されたのは?動画サイト(英文)もご覧ください

これが、今年初めに販売されたサーキット専用スーパーカー、アストンマーティンの「ヴァルカン」だ。

ヴァルカンは、ボンネットの下で、あなたのオイル交換の形に革命をもたらす可能性のあるシステムを最初に採用した車である。

最終的にはネクセルオイルが、より手頃な価格で手に入るこのような車に使用されることになるだろう、とエンジンオイルメーカー、カストロールは考えている。

バケツ型装置は、オイルとフィルターが1つのユニットにパッケージ化されているので、サービス面に関して言えば、オイルセルを交換するとき、簡単に車から持ち上げられるのだ。

完全なオイル交換サービスに掛かっていた時間は、現在の10分の1以下になり...取り扱いが非常に簡単になっている、と開発者は語る。

ネクセル開発のチーフエンジニアであるオリバー・テイラー氏は語る。

「ネクセルシステムを使えば、完全なオイル交換サービスにわずか90秒しか掛かりません。ネクセルのオイルセルには、エンジンオイルとフィルター(の両方)が組み込まれているからです。ですから、オイルセルを車から取り出し、真新しいオイルセル置くことで、オイル交換が簡単に終了するという訳です」。

現代のエンジンにおいて、ネクセルは二酸化炭素排出量の削減を実現する、とカストロールは考えている。

ユニットが密封されているので、使用済みオイルの汚染を防止することができる。これは、他の潤滑油にリサイクルすることが可能なことを意味する。

「一回使用したネクセルオイルセルが、リサイクル用にネクセルに戻ってきます。それらを分解し、汚れを取り除き、そして何回も再利用するのです。その使用済みエンジンオイルを使えば、それを再精製プロセズを通して次に送り、何回も使用できるようになるのです」(テイラー氏)。

ネクセルは現在、アストンマーティンのヴァルカンに標準装備され、その性能が試されている。

カストロールは、約5年後、この技術が公道を走る車に広がることを期待している。

原文はこちら

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT