「スター・ウォーズ特急」がグッと来る理由

漆黒の特急「ラピート」がベールを脱いだ!

ラピートがダース・ベイダーに似ていると言われていることを、若林氏は当然承知している。特にダース・ベイダーを念頭に置いてデザインしたわけではない。だが、両者の関連性については、「ダース・ベイダーのマスクの造型は日本の兜をイメージしている。兜の黒光りした感じは、確かに弾丸列車の先頭形状と共通点がある」(若林氏)。

過去には赤やピンクのラピートもあった

画像を拡大
昨年、期間限定で運行した「シャア専用ラピート」

昨年4月26日から6月30日までの間、赤く塗られたラピートが走っていたことを覚えている人も多いだろう。「機動戦士ガンダムUC」とタイアップした、「赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオンバージョン」号である。

昨年はラピート運行20周年。記念企画として1編成を赤く塗り替える構想があった。そこへ南海の社員が、「赤ならばガンダム」と提案したのが発端だ。

なぜ、赤ならばガンダムなのかというと、同シリーズの主要キャラクター「シャア・アズナブル」や「フル・フロンタル」のイメージカラーが赤であるためだ。ラピートの先頭形状が「シャアが搭乗するモビルスーツ(人型兵器)に似ている」と、これまたファンの間で話題になっていた。この理由も無関係ではあるまい。

若林氏は、赤く塗るという話を最初に聞いたとき、あまり気乗りしなかった。が、実際に赤く塗られた車両を目の当たりにして、「これもありだ」と思ったそうだ。

画像を拡大
ピーチカラーの「ラピート」

黒や赤だけではない。ラピートは昨年9月7日から今年8月31日まで、格安航空会社ピーチ・アビエーションとのコラボレーションで、ピーチの機体色である白とピンクに塗装した「Peach × ラピート ハッピーライナー」として走っていた。

今回のスター・ウォーズ号は、このハッピーライナーのラッピングを変えたものだ。当初は「力強いデザインのラピートに飛行機の白やピンクが似合うのか」と懸念されたが、実際に姿を現すと、これまたファンの間で大人気だった。「同じ自動車でもたくさんの色があるように、ラピートにもいろいろな色があってよい」。若林氏はあらためてそう感じている。

スター・ウォーズのキャンペーン期間が終了すると、ラッピングは剥がされ、元のブルーに戻される。しかし、スター・ウォーズ号の走行シーンがYouTubeなどで配信されれば、世界中からファンがひと目見ようとやってくるのは確実だ。だとしたら、キャンペーン終了後は黒いラピートとして残しておくということも検討の余地はある。大阪の新たな観光資源になるかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング