ポテトの王者カルビー、鷹揚な社風を改革し収益力激変、成長への新たな種まきも

中国では、地域の小規模菓子店などへの販売網を確立している康師傅と、2年越しの交渉の末に手を組んだ。「数々の日系企業と提携経験があり、日本の商品を熟知している康師傅は、パートナーとして最高。出資比率もカルビーにとって申し分ない」(ジャパンインベストの大和樹彦・副調査部長)。富裕層だけではなく、中間層までターゲットに、まずは小麦系スナックを展開。安定的な原材料調達のメドが立てば得意のポテト系商品へと広げていく。

今後は中国以外でも案件が増えていく。パートナーの第一候補は資本提携するペプシコ。ペプシコが持つ各国の拠点や販売網を利用できるメリットが大きいからだが、進出国に合わせて、ペプシコ以外のパートナーとも手を組んでいく。

ニッポンのスナック菓子王者が、大きな一歩を踏み出した。

カルビーの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]


(平松さわみ 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年4月28日・5月5日合併特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。