オールブラックス、W杯で最多3回目の優勝

オーストラリアを34-17で下す

 10月31日、ラグビーのW杯イングランド大会決勝、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 31日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は31日、決勝を行い、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした。

ニュージーランドは後半の序盤に21─3とリード。一時は4点差に迫られたが、ダン・カーターのペナルティーゴールなどで突き放した。

ニュージーランドは前回大会で優勝して以来、54試合でわずか3敗。W杯では2007年大会の準々決勝でフランスに敗れて以来、勝ち続けている。

マンオブザマッチに選ばれたカーターは「チームをとても誇りに思う。W杯連覇は夢のよう」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。