オールブラックス、W杯で最多3回目の優勝

オーストラリアを34-17で下す

 10月31日、ラグビーのW杯イングランド大会決勝、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 31日 ロイター] - ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会は31日、決勝を行い、「オールブラックス」ことニュージーランドがオーストラリアを34─17で下し、W杯史上初の2連覇を達成。同大会最多3回目の優勝を果たした。

ニュージーランドは後半の序盤に21─3とリード。一時は4点差に迫られたが、ダン・カーターのペナルティーゴールなどで突き放した。

ニュージーランドは前回大会で優勝して以来、54試合でわずか3敗。W杯では2007年大会の準々決勝でフランスに敗れて以来、勝ち続けている。

マンオブザマッチに選ばれたカーターは「チームをとても誇りに思う。W杯連覇は夢のよう」と語った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT