台湾のカリスマ・郭台銘の実像

「極端に質素」で「信心深い」

「極端に質素」で「信心深い」台湾のカリスマ・郭台銘の実像

創業経営者の常で、鴻海の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長(61)も強い存在感を放つ人物だ。多くの人が初対面で感じるのは驚くほどの質素さ。深セン工場ではポロシャツに半ズボン、無精ひげを生やした姿で来客を迎える。ぎょっとする客に郭董事長は、「稼ぎはすべて生産設備に投資しているので、身なりや部屋に構う余裕はありません」と笑うのだという。

また非常に信心深く、縁起を重んじる。東屋(あずまや)のような執務室に隣接して小さな祠(ほこら)があるほか、腕にチンギス・ハーン廟の数珠を着けて加護を祈っている。50歳の誕生日は東京・赤坂の中華料理店に親しい人を招き祝ったが、その理由は、「40歳の誕生日を東京で祝ったところ、その後会社が大発展した。今後のさらなる発展を祈って縁起を担いだ」。

私生活では二回り下の台湾人ダンサーと2008年に再婚、話題を呼んだ。死別した前妻との子も合わせると2男2女の父だが、すでに成人している長男は後継者と見られていない。本来は58歳での引退を目指していたが、社内に任せられる人材はまだいない様子だ。最近は、09年に生まれた娘を抱いて「この子が成人するまでは引退できないかも」とつぶやいたという。鴻海の最大の経営リスクは後継者問題かもしれない。

(週刊東洋経済2012年4月14日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。写真:フォクスコンCSR資料より

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。