人間の基本 曽野綾子著

人間の基本 曽野綾子著

人生を無駄にしないために必要な「足場」。それがなければ、周りに流され、やがては自分を失い、死んでしまうこともある、と著者は言う。

登山の価値は、実際に山に登ってつらい思いをすることでしか理解できない。同じように、ニーチェの思想も流行の「超訳」を読んだぐらいでわかるものではない。知識と体験はまったく別物であって、体験に知識が供給されるときに初めて、思想としての命が吹き込まれる。思想は、自分自身の生活と体験によってしかがっちり捕まえることはできないし、知識だけで人生を渡っていくのは無理だ、とも。

常時にも、非常時にも生き抜くために、確かな人生哲学と豊かな見聞を基に「人間の基本」について語り尽くす。

新潮新書 714円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。