人間の基本 曽野綾子著

人間の基本 曽野綾子著

人生を無駄にしないために必要な「足場」。それがなければ、周りに流され、やがては自分を失い、死んでしまうこともある、と著者は言う。

登山の価値は、実際に山に登ってつらい思いをすることでしか理解できない。同じように、ニーチェの思想も流行の「超訳」を読んだぐらいでわかるものではない。知識と体験はまったく別物であって、体験に知識が供給されるときに初めて、思想としての命が吹き込まれる。思想は、自分自身の生活と体験によってしかがっちり捕まえることはできないし、知識だけで人生を渡っていくのは無理だ、とも。

常時にも、非常時にも生き抜くために、確かな人生哲学と豊かな見聞を基に「人間の基本」について語り尽くす。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT