人間の基本 曽野綾子著

人間の基本 曽野綾子著

人生を無駄にしないために必要な「足場」。それがなければ、周りに流され、やがては自分を失い、死んでしまうこともある、と著者は言う。

登山の価値は、実際に山に登ってつらい思いをすることでしか理解できない。同じように、ニーチェの思想も流行の「超訳」を読んだぐらいでわかるものではない。知識と体験はまったく別物であって、体験に知識が供給されるときに初めて、思想としての命が吹き込まれる。思想は、自分自身の生活と体験によってしかがっちり捕まえることはできないし、知識だけで人生を渡っていくのは無理だ、とも。

常時にも、非常時にも生き抜くために、確かな人生哲学と豊かな見聞を基に「人間の基本」について語り尽くす。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。