東芝・室町社長が初の記者取材で語ったこと

赤字3事業は人員削減も検討課題に

――9月30日に開かれた臨時株主総会での室町社長の信任率は。

最終数字はまだ分からない。おそらく70%台だ。私、牛尾文昭取締役、伊丹敬之社外取締役の3人については、再任なので、厳しい評価をいただいている。

――辞任した取締役がまだ顧問として在籍しているようだ。

 顧問として委嘱しているのは、半導体の小林清志氏、財務の前田恵造氏の2人だ。小林氏は、第三者委員会の報告書には氏名の記載はなかったが、(不適切会計処理が行われていた時期に)半導体のカンパニー社長に就いていたということで、辞任をした。ただ半導体も、再編など様々な問題が山積している。小林氏の技術や営業資産を直ちに失うとなると、東芝の柱である半導体事業について大きな影響がある、と判断をした。

前田氏も同様。特設注意市場銘柄の指定解除に向け、財務関係や法務関係については、緊急事態の中で社内では非常に手薄だ。財務関連のOBの再雇用も含め、人員を補強しないと、指定解除に向けての作業をできない。前田氏の持っている、財務関係の知見・知識というのは、この作業に必要であると判断した。この2人だけだ。ご理解をいただきたい。

――社長の在任期間はどの位を考えているのか。

1年なのか、2年なのか、今はお答えする段階ではない。ただ、3年ということは、おそらくない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。