野村と伊モンテ・パスキ、デリバティブ取引終了で合意

2015年度第2四半期決算で計上

[東京 24日 ロイター] - 野村ホールディングスは24日、英現地法人のノムラ・インターナショナルと伊モンテパスキ銀行<BMPS.MI>の訴訟が和解し、その費用として2015年7─9月期決算に約345億円を計上すると発表した。

訴訟は、野村とモンテパスキの間で2009年に行われたデリバティブ取引で損害が発生したとし、モンテパスキが13年、野村とモンテパスキの元経営者に対し11億4200万ユーロの損害賠償を求めていた。

野村は、関係当局や外部専門家の助言などをふまえ和解が最善と判断したとしている。

発表によると、デリバティブ取引の早期終了に関する今回の合意は、モンテ・パスキの自己資本比率と純金利収入の改善につながる見通し。

同行のファブリツィオ・ビオラ最高経営責任者(CEO)は「合意は財務基盤を強固にし、再建に向けた日々の取り組みを助ける」と表明。今回の合意により、野村側との訴訟はすべて終了すると明らかにした。

今年3月末時点でモンテ・パスキの野村に対するネットベースのエクスポージャーは47億ユーロ。その大半が2009年のデリバティブ取引に関連するものだった。

モンテ・パスキによると、今回の合意内容には、デリバティブ取引の手じまいコストを約4億4000万ユーロに圧縮することも含まれる。

*本文の一部を修正して再送します。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT