ピンピンコロリは長寿社会のためならず--『ご老人は謎だらけ』を書いた佐藤眞一氏(大阪大学大学院人間科学研究科教授)に聞く

──「ピンピンコロリ」が理想形とされています。

日本の医療はそれを目指してきた。しかし、現実問題としては、そうではない。長寿になって、認知症や障害を持っても、よりよく生きてもらうことを考える。そういう人たちになりたくないという潜在的な否定意識が、ピンピンコロリには感じられる。ケアの必要な人とも一緒の社会に生きていく覚悟がないと、長寿社会はよりよいものにならない。

さとう・しんいち
専門は臨床死生学・老年行動学。1956年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程、東京都老人総合研究所研究員、ドイツ連邦共和国マックスプランク人口学研究所上級客員研究員、明治学院大学心理学部教授などを経る。前日本老年行動科学会会長、日本応用老年学会理事。

(聞き手:塚田紀史 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2012年2月4日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

『ご老人は謎だらけ』 光文社新書 777円 195ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。