三菱「アウトランダーPHEV」は欧州で勝てるか

異例の早期改良で国内販売は盛り返し

だが、ここに来てが好材料が出てきた。輸入車がプラグインHVの強化に動き出しているからだ。フォルクスワーゲングループジャパン(VWJ)は、旗艦車種のハッチバック車「Golf」にプラグインHVの「Golf GTE」を追加し、9月8日から発売した。 価格は499万円と「戦略的な設定」(正本嘉宏VWJマーケティング本部長)としている。

新たに日本で発売される「ゴルフ」のプラグインハイブリッド車

メルセデス・ベンツ日本は昨年から、最上位モデルのSクラスで「S 550 PLUG-IN HYBRID long」(1590万円)を発売。BMWはSUV「X5 xDrive40e」(927万円)を9月8日に発表したが、どちらも上位モデルからの導入だ。対するVWJは、シリーズ全体の販売台数が毎年2万台を超える「Golf」シリーズでの展開。スヴェン・シュタインVWJ社長は、「特別な車ではない、普通の車で出すことにVWらしさがある」と強調する。

欧州での販売が大きな試金石

2016年には、4代目プリウスのプラグインHV発売も控えており、BMWは今後、ボリュームゾーンの「2シリーズ」や「3シリーズ」にもプラグインHVを日本で展開する予定だ。各メーカーの新車投入でプラグインHVの注目度が高まれば、先頭を走る三菱自動車にとっても追い風になるだろう。

もっとも、三菱自動車の国内販売は11.5万台(2014年度)と、世界販売実績の1割程度に止まる。実は、2014年度のアウトランダーPHEVの世界販売3万5000台のうち、約7割が欧州を占めている。環境対応車に対する補助金制度も充実しており、本命は欧州市場だ。

9月15日から始まるフランクフルトモーターショーでは、新型のアウトランダーPHEVを欧州で初披露し、今月中に販売を開始する。異例の早期モデルチェンジの成果が問われるのはこれからだ。SUVとプラグインHVを戦略軸に据える三菱自動車は、2017年度中に小型SUVを投入し、その後、プラグインHVのモデルも追加する予定。先の新車投入に弾みをつけるためにも、アウトランダーPHEVの欧州での売れ行きが大きな試金石となる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT