欧米勢も商業銀行へ回帰、三井住友の存在感は高まる--三井住友銀行頭取 國部毅

──国内の競争条件の変化として、みずほフィナンシャルグループのワンバンク化があります。

さまざまな構造改革をしており、関心を持って見ている。みずほグループの顧客基盤は厚く、当行には脅威になりうる。一方、われわれにも三井、住友グループをベースとした顧客基盤があり、個人では2600万の取引をいただいている。スピード、先進性、提案・解決力がわれわれの強さと認識しており、これを継続して研ぎ澄ませる。頭取就任時、支店長会議で「うちのDNAはスピードだが、本当にそれが落ちてはいないか」と、あえて問いかけた。スピードが遅くなっているわけではなく、強さを強調するためにそう言った。

7月からはフロントミーティングと称し、営業部長や支店長だけでなく、グループ長や入行3~4年目の若手とも意見交換している。それを通して、お客様と真摯に向き合い、目標達成に向けて一所懸命に努力していることが非常に伝わってきた。三井住友銀行を支えているのは現場力だということを実感している。

売却の打診は数兆円規模 慌てずに買う対象を厳選

--国際的な自己資本規制(バーゼル�)が強化され、G−SIFIs(シフィズ)(金融システム上、重要な金融機関)の規制も導入されます。世界の金融業の変化や戦略をどう見ますか。

米国のサブプライム問題やリーマンショックを踏まえて、バーゼル�やG−SIFIsという枠組みができた。レバレッジをかけた投資銀行業務が回避され、純粋な投資銀行業務あるいは商業銀行業務のモデルへと欧米金融機関も回帰している。たとえばドイツ銀行は投資銀行業務に舵を切ってきたが、今は逆で、商業銀行業務を拡大しようとしている。各国の金融機関がそうした流れだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT