オリンパスの監査法人が外部検証委員会を設置。第三者委報告書で指摘された監査責任を検証

オリンパスの監査法人が外部検証委員会を設置。第三者委報告書で指摘された監査責任を検証

オリンパスの不正会計に関する第三者委員会の調査結果が発表されたことを受け、当時監査法人を務めていた新日本監査法人は12日、「オリンパス監査検証委員会」を立ち上げたことを発表した。

6日の第三者委員会は新日本について「過去の経緯について知識が不足していたことを考えても、問題なしとはしない」と調査報告において言及。英国医療機器メーカーのジャイラス買収の際に支払われたフィナンシャルアドバイザーへの報酬について会計上問題のあるれん計上を容認した点を問題視している。

新日本は当初から内部的に調査を進めていたが、さらに客観的な調査を行うため、弁護士や大学教授などからなる外部調査委員会を設立した。委員長を務める大泉隆史弁護士は「今回のオリンパスを巡る問題が単一企業の監査というにとどまらず監査および監査法人のありかた等を問い直すきっかけになる」と発言した。調査対象についても高田敏文委員が「引き継ぎが形式的だった点や過去のM&Aの会計処理に対して適切な監査判断がなされたか」という点に絞って調査を進めていくことを明言した。

検証委員会は大泉隆史・元大阪高等検察庁検事長を委員長とし、郷原信郎・名城大学総合研究所教授、高田敏文・東北大学大学院教授等で構成される。最終的な人数は7~8人に上る。年内をメドに中間報告を行い、2月末には結論を出す見通しだ。

(オリンパス監査検証委員会の大泉隆史委員長(写真左)と、郷原信郎委員(同右)。12日に会見に臨んだ) 

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT