オリンパスの監査法人が外部検証委員会を設置。第三者委報告書で指摘された監査責任を検証

オリンパスの監査法人が外部検証委員会を設置。第三者委報告書で指摘された監査責任を検証

オリンパスの不正会計に関する第三者委員会の調査結果が発表されたことを受け、当時監査法人を務めていた新日本監査法人は12日、「オリンパス監査検証委員会」を立ち上げたことを発表した。

6日の第三者委員会は新日本について「過去の経緯について知識が不足していたことを考えても、問題なしとはしない」と調査報告において言及。英国医療機器メーカーのジャイラス買収の際に支払われたフィナンシャルアドバイザーへの報酬について会計上問題のあるれん計上を容認した点を問題視している。

新日本は当初から内部的に調査を進めていたが、さらに客観的な調査を行うため、弁護士や大学教授などからなる外部調査委員会を設立した。委員長を務める大泉隆史弁護士は「今回のオリンパスを巡る問題が単一企業の監査というにとどまらず監査および監査法人のありかた等を問い直すきっかけになる」と発言した。調査対象についても高田敏文委員が「引き継ぎが形式的だった点や過去のM&Aの会計処理に対して適切な監査判断がなされたか」という点に絞って調査を進めていくことを明言した。

検証委員会は大泉隆史・元大阪高等検察庁検事長を委員長とし、郷原信郎・名城大学総合研究所教授、高田敏文・東北大学大学院教授等で構成される。最終的な人数は7~8人に上る。年内をメドに中間報告を行い、2月末には結論を出す見通しだ。

(オリンパス監査検証委員会の大泉隆史委員長(写真左)と、郷原信郎委員(同右)。12日に会見に臨んだ) 

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT