Facebookで就活に成功する本 高橋暁子著

Facebookで就活に成功する本 高橋暁子著

2013年卒採用で気になるのは、ソーシャルメディアの普及である。リクルートはソーシャルメディア就活を「ソー活」と呼び、普及すると予測している。もっともHRプロの調査では、「2013年の採用広報で力を入れること」では、就職ナビ、学内企業セミナー、自社の採用ホームページが上位3位を占めており、学内企業セミナーの伸びが注目されるが、それほどの変化は感じられない。Facebookは11%、Twitterは9%にとどまっている。

学生の利用状況を見ても、使っているのは4割弱にとどまっている。しかもその利用目的は、友人との情報交換が7割強、他の就活生からの情報収集が5割と大部分を占めている。もっとも本書を読むと、違う数字が紹介されている。就活ライブチャンネルのアンケート調査では、Twitterを利用している企業は10.3%、利用したいと思っている企業は26.3%もある。Facebookについては、利用企業が7.8%、利用したい企業は26%もある。

IT先進企業ではソーシャルメディア採用を始めている。本書37Pにはアイティメディア(株)の例が紹介されている。この会社は、Twitterを告知・広報、エントリー入り口、エントリー学生へのフォロー、説明会、社員訪問、面接という採用プロセス全体で使っている。またUSTREAMを説明会、社員訪問のライブ配信に、Skypeは社員訪問や面接に使っている。

USTREAMやYouTubeを使えば、バーチャル説明会を開くことができることは知っていたが、Skypeで面接というのは新鮮。たしかに学生がスマートフォンやiPad2を持っていれば、ビデオ通話ができるから、面接も可能だ。面接とは、入退室のお辞儀や着席の仕方までチェックするもの、という思い込みをなくせば、面接のかなりの部分はSkype通話でもこなせるのかもしれない。

さてソーシャルメディアに話を戻そう。本書はソーシャルメディアの就活での使い方を、非常に読みやすく説明している。日本で生まれたmixiやソーシャルメディアリクルーティング先進国の米国で普及しているLinkedIn(リンクトイン)に触れた部分もあるが、ほとんどの記述はFacebookとTwitterで占められている。

ソーシャルメディアはいくつもあるが、性格が異なっている。Facebookは実名登録で一人1アカウントだが、Twitterは匿名で複数のアカウントが持てる。210Pに登場する慶応の学生はうまい表現を使っている。「Twitterは微分化された自分を出すところなので、“自分という全体像が”が見えません。自分を知ってもらうためには積分しないといけないわけですが、それをFacebookでできる」と語っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT