ヤンキースの田中将大、今季6敗目を喫す

青木とイチローはマルチ安打

 8月21日、MLBヤンキースの田中将大投手は、地元でのインディアンス戦に先発し、7回途中まで投げて今季6敗目を喫した(2015年 ロイター/Andy Marlin-USA TODAY Sports)

[21日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は21日、各地で試合を行い、ヤンキースの田中将大投手は、地元でのインディアンス戦に先発登板。6回0/3を7安打、2四死球、3三振、4失点(自責点は3)の内容で、今季6敗目(9勝)を喫した。ヤンキースは3─7で敗戦。

ジャイアンツの青木宣親外野手は、敵地でのパイレーツ戦に1番・左翼で先発出場。5打数3安打、1三振、1得点をマークした。ジャイアンツは6─4で勝利した。

マーリンズのイチロー外野手は、地元でのフィリーズ戦に2番・右翼で先発出場。4打数2安打の成績だった。マーリンズは1─7で敗れた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。