九州電力の川内原発1号機、送電を開始

9月上旬営業運転へ

 8月14日、九州電力は川内原発1号機(出力89万キロワット)が午前9時に発電と送電を始めたと発表した。7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 九州電力<9508.T>は14日、川内原発1号機(出力89万キロワット)が午前9時に発電と送電を始めたと発表した。1週間から10日程度で出力を100%に引き上げ、すべての検査を終えて9月上旬に営業運転を開始する予定だ。

九電は川内2号機(同89万キロワット)を10月中旬に再稼働させたい考え。川内原発の2基が稼働すると月に150億円の収支改善効果があるという。

 

(浜田健太郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT