九州電力の川内原発1号機、送電を開始

9月上旬営業運転へ

 8月14日、九州電力は川内原発1号機(出力89万キロワット)が午前9時に発電と送電を始めたと発表した。7月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 九州電力<9508.T>は14日、川内原発1号機(出力89万キロワット)が午前9時に発電と送電を始めたと発表した。1週間から10日程度で出力を100%に引き上げ、すべての検査を終えて9月上旬に営業運転を開始する予定だ。

九電は川内2号機(同89万キロワット)を10月中旬に再稼働させたい考え。川内原発の2基が稼働すると月に150億円の収支改善効果があるという。

 

(浜田健太郎)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。