競泳世界選手権、渡部香生子が銀メダル

女子200m個人メドレーで

 8月3日、水泳の世界選手権、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子(右)が銀メダルを獲得(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[カザニ(ロシア) 3日 ロイター] - 水泳の世界選手権は3日、ロシアのカザニで競技を行い、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子が銀メダルを獲得した。

渡部は2分8秒45の日本新記録をマークした。同種目での日本選手によるメダル獲得は史上初めて。

カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が2分6秒12の世界新記録で優勝した。

渡部は女子100メートル平泳ぎでは5位に入り、決勝に進出した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。