競泳世界選手権、渡部香生子が銀メダル

女子200m個人メドレーで

 8月3日、水泳の世界選手権、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子(右)が銀メダルを獲得(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[カザニ(ロシア) 3日 ロイター] - 水泳の世界選手権は3日、ロシアのカザニで競技を行い、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子が銀メダルを獲得した。

渡部は2分8秒45の日本新記録をマークした。同種目での日本選手によるメダル獲得は史上初めて。

カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が2分6秒12の世界新記録で優勝した。

渡部は女子100メートル平泳ぎでは5位に入り、決勝に進出した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT