競泳世界選手権、渡部香生子が銀メダル

女子200m個人メドレーで

 8月3日、水泳の世界選手権、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子(右)が銀メダルを獲得(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

[カザニ(ロシア) 3日 ロイター] - 水泳の世界選手権は3日、ロシアのカザニで競技を行い、競泳女子200メートル個人メドレー決勝で渡部香生子が銀メダルを獲得した。

渡部は2分8秒45の日本新記録をマークした。同種目での日本選手によるメダル獲得は史上初めて。

カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が2分6秒12の世界新記録で優勝した。

渡部は女子100メートル平泳ぎでは5位に入り、決勝に進出した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。