全国百貨店売上高が3カ月連続でプラス成長

6月は前年同月比0.4%増を記録

 7月21日、日本百貨店協会が発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。都内で昨年9月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。

6月は、シェアの高い東京、大阪が全体をけん引し、悪天候が続き休日も前年より少ないという悪条件を跳ね返して前年比プラスを維持した。商品別では、身の周り品や雑貨、家庭用品が前年比プラスとなる一方で、主力の衣料品がクリアランスセールの月ずれのため同7.7%減となった。

訪日外国人売上高は、中国の端午節(6月20日から6月22日)の連休による来日客増などから前年比4倍を超え、前年比伸び率は過去最高を更新した。

調査対象の百貨店は82社・238店舗。東京地区は前年比5.9%増で、3カ月連続プラスだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。