全国百貨店売上高が3カ月連続でプラス成長

6月は前年同月比0.4%増を記録

 7月21日、日本百貨店協会が発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。都内で昨年9月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した6月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比0.4%増の4879億円と、3カ月連続でプラスとなった。

6月は、シェアの高い東京、大阪が全体をけん引し、悪天候が続き休日も前年より少ないという悪条件を跳ね返して前年比プラスを維持した。商品別では、身の周り品や雑貨、家庭用品が前年比プラスとなる一方で、主力の衣料品がクリアランスセールの月ずれのため同7.7%減となった。

訪日外国人売上高は、中国の端午節(6月20日から6月22日)の連休による来日客増などから前年比4倍を超え、前年比伸び率は過去最高を更新した。

調査対象の百貨店は82社・238店舗。東京地区は前年比5.9%増で、3カ月連続プラスだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT