日立・三菱重工の経営統合は幻だったのか?--中西宏明・日立製作所社長に直撃インタビュー

日立・三菱重工の経営統合は幻だったのか?--中西宏明・日立製作所社長に直撃インタビュー

日立製作所と三菱重工業の経営統合が報じられてから1カ月半。その間、両社の言動からは統合に向けての具体的な動きは見えてこない。沈黙を続けてきた日立製作所の中西宏明社長に真相を聞いた。

--まず事実関係を確認させてください。日本経済新聞が「日立・三菱重工 統合へ」と報じた8月4日当日の早朝、中西社長は自宅の前で報道陣に追認するような発言をしました。

ああいう記事のようなことはございません。もちろん私ども、こういうグローバルな時代にどのようにして競争力をつけるのか、いろんなところといろんな話をしている。その中で、三菱重工さんとは具体的な事業統合をした事例もあるし、10月1日付で水力(発電システム事業)も統合する。接触する機会が多いということで、ああいう記事が書かれたのだと思う。正直、戸惑っている。

--具体的な案件についての交渉は?

先々の話は(三菱重工の)大宮英明社長や佃和夫会長と会って話もしているし、可能性がないわけではない。

丸ごとの経営統合はないが、今でもシナジーはあるとは思っている。僕らの背中を後押ししているのは何かというと、日本の市場の奪い合いとか、メンツの話とかではなく、経済がグローバル化した時代にどうやって生き抜いていくかということ。
 
 電力や社会インフラ分野では競合相手が変わってきている。欧米じゃないんですよ。韓国が出てきて、ロシアが出てきて、これから中国の企業が出てくる。こうした競争相手は、原価の勘定の仕方からしてまるで違う。そういった世の中で、本当に競争力を持った組織作りをどうしていくか、強烈な問題意識がある。あらゆる可能性を探るのは経営者の義務だと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT